永井マザーズホスピタル ゆえちゃん 出産

破水からスタートの出産レポ①〜入院前の出産バック編(永井マザーズホスピタル)

38週5日の朝5時。こゆたんが起床と共に、おマタから何か出てくる感覚。

直感的に破水??かなと思うと同時に、「あ、今日なのね」そんな風に思いました。

と言うわけで、3人目にして初の破水からスタートした出産レポートを書いていきます。
出産でお世話になったのは永井マザーズホスピタルです。
永井マザーズホスピタルでの記録はこちら

破水からスタート!出産レポート

(長男)は39週3日で、陣痛からスタートした出産。
こゆたんの出産記録はこちら

こえちゃん(長女)は予定日超過の41週で出てこず計画出産。
こえちゃんの出産記録はこちら

と言うわけで、今回も遅いんだろうなと余裕を持ってしまっており、なんと出産グッズを詰めたバックを全く用意していない始末。。。

更に、普段は月経カップを使っていたため、ナプキンの在庫が無い!立ち上がると、ジワジワ出てしまってる。でも出産バッグを用意せねばと、1時間ほどかけて準備をしました。

出産バッグの中身

出産時に持参したもの

↑これプラススーツケース

出産で用意したのは大きく分けて3つ。

  • スーツケース
  • 普段のバッグ
  • ベッドサイドに持ち込むバック←とても重要

中身を書き出します。

■スーツケースの中身(出産バッグ)

機内持ち込みサイズです。中身は

  • ママの退院時の洋服
  • 赤ちゃんの退院時の洋服
  • ビデオカメラ
  • パソコン
  • パソコンに付随する機材
  • (退院時用、一応)
  • 靴下
  • メディキュット←かなり重要
  • ミニタオル
  • 普通のタオル(洗面所にかけといて手とか拭く用)

カメラ機材などで右半分を占め、左半分は抱っこ紐と洋服で占めスーツケースが結構ギュウギュウに汗

■普通のバッグ(出産バッグ)

普段持ち歩いてる母子手帳の他、なんか色々入ってるので持って来ちゃいました。
中身は・・・

  • 母子手帳
  • 永井マザーズファイル(、産後のスケジュールなどがまとまっている)
  • 出産時の同意書などの書類ファイル
  • ナプキン
  • ハンカチ
  • おうちの鍵

準備してたら、こゆたんに「これ、持っていきな」とぬいぐるみやらおもちゃやら入れられたーーーーー!!
必要ない、、と言えず、そのまま持参することに。

■ベッドサイドに持ち込むバック(出産バッグ)※重要

出産時はこのバッグが超重要です。特に無痛分娩の人は、麻酔処置されるとベッドからも降りられなくなります。
今回も入院してから、ずっとベッドの上に居ました。
なので、ベッドの上で使いたいものは全て1つのバッグに入れておけば、看護師さんにとってもらいやすいし楽です。
と言うわけで、中身

  • ストロー付きペットボトル(甘い系のドリンク2本)
  • ハチミツ水
  • ビデオカメラ
  • スマホ充電器

これまた、こゆたんに、「これも持っていきな」と、普段こゆたんが常用してる水のペットボトルに水道水を入れたものを入れられ。。。
これまた、断れなかったんですが、結果的にこのペットボトルが大活躍しました!

 

入院前必須!食事を摂る

無痛分娩の場合は、一度ベッドに乗ると何も食べれなくなります。

私は過去2回とも、無痛分娩とはいえ長引くお産に体力が無くなって辛かったので、食事をしっかりと摂ることを重要に思っていました。

と、、食材が無い!!作ってる余裕もないので、とりあえず冷凍してあったお米でおにぎりを。

出産の朝に食べたもの

子供たちの分もと思いましたが、こゆたんの分しか無かった。
あと、食べたかった梨も剥いて、産前最後の食事を思い切り満喫。塩分の効いた梅おにぎりが美味しかった♪

梨も甘くて美味しかった♪

産院に電話

5:30破水、6:30ある程度バッグの準備ができた所で夫が起きてくる。
(いつもは夫の方が早起きですが、この日は前日ちょっと夜更かししてたので、起きるまで待とうと)

破水したことを伝え、今日のスケジュールを夫に伝える。
と言うのも、今日は、こゆたんが菌血症で入院した後の経過観察のMRIの結果を9:30〜聞きにいく予定でした。
こゆたんの入院についてはこちら

そして、こえちゃんは幼稚園のお預かりが8:30から

と言うことは、スケジュール的に
8:00 私を産院に送る
9:00 こえちゃんを幼稚園に
9:30 こゆたんの病院へ

なんとバッチリなスケジュール。
急な陣痛とかで、いろんな予定の調整が必要かなと思っていましたが、予定変更せずに行けそうです。

産院に電話連絡

破水についてすぐにネット検索してたので、おそらくこのまま入院になると見込んで電話しました。
起き上がってる状態だと、破水したものがダラダラでてしまうので、準備が終わったら横になった状態で。

伝えたのはこんなこと

  • 破水した時間と状況(一気にではなくチョロチョロでる)
  • 産院までの時間
  • 診察券のID番号と名前

「入院になりますので、出産バックを持ってお越しください、何時頃来れますか?」

「産院まで1時間かかるので、7:30頃です」

とお伝えし、自宅の準備を進めます。
寝起きの悪いこえちゃんが起床。

大きなお腹との家族写真が無かったので撮りたかったけど、こえちゃんの機嫌が悪すぎて断念。
早くに撮っておけばよかったなぁ〜

意外に大荷物になった出産バッグを夫が車に積み込んでくれて、全員で産院に向かいます。

陣痛の痛みは無いので、途中コンビニに寄ってもらい、ポカリスエットと、もしかして食べれるかもと甘い系としょっぱい系のパンを購入。

こえちゃんにもパンと飲み物を購入。

 

産院に到着!入口わからず

コロナ禍で、夫の入室は禁止なため子供たちもいるので、産院前で降ろしてもらいました。

と、呼び出しおしても誰も出ず。。。
裏口の夜間入り口にまわるも、なかなか出ず。。。

これ、陣痛の最中だったらと思うと、、
やっと出てくれて、今開けますね〜とドアオープン。

静かなロビーを通り、2Fに上がります。

やっと一安心です。

出産編に続きます!

 




-永井マザーズホスピタル, ゆえちゃん, 出産

Copyright© わく育☆ , 2022 All Rights Reserved.