永井マザーズホスピタル ゆえちゃん 出産

破水からスタートの出産レポ⑦〜私が本館から移動しない理由(永井マザーズホスピタル)

今回の出産はとても混雑していた様子。

新館の個室に入れなくて、入ったお部屋は本館。

ここから随時、出産した順番で新館に移動するのですが、私は本館のままで過ごすことにしました。

その理由とは?

永井マザーズホスピタルで出産 本館のメリット多数

出産レポート 本館 新館 間取り 永井マザーズホスピタル 

私が通されたお部屋は211の本館の入り口一番手前のお部屋です。

こゆたんを出産時は少し奥のお部屋でした。

基本的に本館は、計画分娩の前日宿泊の方や、産後も新館に入れなかった方が入るそうです。

私が出産した日は、この本館もほぼ埋まるくらい。

新館のママが入室するお部屋は新館からエレベーターに乗って3Fなのです。
その様子はこえちゃん出産時をチェック

 

本館の様子

出産レポート 永井マザーズホスピタル 本館

一応ロビーがあります、誰も使ってないけど。

日がよく入って明るいロビーです。

本館のお部屋

出産レポート 永井マザーズホスピタル 本館

ベッドは真ん中にありますので、左右からどちらでも降りられます。
(新館は壁に寄せてあるから一方からしか上がれない。)

窓は広々していて道路に面してるから明るいです。

荷物がごちゃごちゃしていてすみません。

出産レポート 永井マザーズホスピタル

本館の廊下

出産レポート 永井マザーズホスピタル

太陽光が差し込み昼間はとっても良い雰囲気なんです。

こゆたんを出産した日のことを思い出しますね。

 

出産レポート 永井マザーズホスピタル

デスクの上はものを置けます。

ご飯もここで食べます。

出産レポート 永井マザーズホスピタル

ベッドの上から見た図。ゴチャゴチャしているのはセンスの問題。

 

持参した荷物たち。

右側のスーツケース、黄色のバッグ、ブルーのバックが持参したもの。

左側の黄色いプーさんのバッグは、産院から配布されたもの。

このピンクの椅子にも座れますが、面会が無い今回は使用しません。

よって別にお部屋は自分とあかちゃんがすこせればいいのです。

これを聞いたら本館にするメリットが高まる

実は、、、私が本館でいいや、と決意した後、差額ベッド代金を聞いたんです。

そしたらなんと!

5000円だそうです!

これって結構大きい〜〜〜〜

 

私のように大満足しているなら、本館でむしろラッキーですね。

これを聞いたら本館にするメリットが高まるその2

実は、ベビールームに行くのにエレベーターを使わなくて良くて平面を歩くだけなので、楽なんです。

新館だと、患者のお部屋は3Fなため、いちいちエレベーターを待って、2Fに降りなければなりません。

他の人とかちあったりして、待ち時間もあってかなり面倒。

本当に本館2Fでよかったなと思います。

これを聞いたら本館にするメリットが高まるその3

出産レポート 本館 新館 間取り 永井マザーズホスピタル 

売店が近い。

色々販売している売店は本館にあります。

ベビーを預ける時に通ってついつい何か買ってしまいます。

産後はおっぱいをつくるからか、お腹が空きます。

だから売店で気軽に好きなものを買えるのは嬉しいですね。

 

私が本館から移動しない理由

デメリットは、お風呂の時にカーテンがちょっと狭いくらいだと私は思います。

あと、新館と比べちゃうともちろん古いですが、清潔にはしてるので、そこが気にならなえければ、本館の方がちょっと安いしおすすめです!

 

以上、私が本館から移動しない理由をお届けしました〜!!




-永井マザーズホスピタル, ゆえちゃん, 出産

Copyright© わく育☆ , 2022 All Rights Reserved.