育児方法 生後4ヶ月

あかちゃんの睡眠発達と夜泣き対策の講座に参加した その2

あかちゃんの睡眠発達と夜泣き対策の講座に参加した その1

に引き続きます。

2時間の内容をまとめるのってむずかしいーーー><
内容濃かったもんね。

つづきです!

 

さて、赤ちゃんの睡眠の為には、生活リズムを整えるべく、朝7時までに起こすこととなっており、昼寝も適度に起こす事がいいそうです。

で、問題の、夜の寝かしつけ。

朝7時までに起こすので、夜は必然的に8時までに寝かしつけ開始が良いそうです。
(理想は7時に寝るんだそう)

で、肝心の寝かしつけの方法。

これは私もどんな寝かしつけが効果的か気になるところだったんですが、結論!

お布団の上でママが楽に出来る方法が一番!!

目からウロコでした。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

寝かしつけ方法

ちょっと海外のネントレに似てるようですが、

「この方法で寝かしつける!」

と固い意志で決意したら、もう何が何でも泣いてもその寝かしつけ方法で!
まずは1週間続けてくださいとの事。

最初は赤ちゃんも寝かしつけの方法が変わったことに戸惑い泣いてしまうそうですが、徐々に慣れていくんだとか。

赤ちゃんや動物(私たちも)が、寝るのに一番大事なのは

「安心感」

です。

赤ちゃんが無くというのは何か不安があるからなんだそうです。

今の赤ちゃんにとっては、ママやパパは一番の安心。

そのママ(パパ)が寝ていいんだよ~~という「合図」をするのが大切なんだそうです。

今のうちから、ねんねの合図を作って、この合図があったら安心して眠れるんだという事を教えてあげればいいそうです。

<参考の寝かしつけ>

・手を赤ちゃんのおなかに乗せてゆっくりさする
・おなかを優しくトントンする
・おでこを下に向かってやさしくなでる
(目をパッチリ開けちゃう子におすすめ)
・「ねんね~」と声をかける
・体をピタッと寄せて添い寝する
(複数の組み合わせもOK)

やり方をこう!!と決めたら、あれこれやり方を変えないことが重要だそうです。

あれこれ変えると赤ちゃんも混乱してしまい、どうやって寝たらいいかわからなくなってしまうんだそうです。

また長くなったので次に続きます。
次でたぶん最後になります。

あかちゃんの睡眠発達と夜泣き対策の講座に参加した その3




-育児方法, 生後4ヶ月
-,

Copyright© わく育☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.