流産の事

2度目の流産~赤ちゃんからのメッセージ

書こうか書くまいか、迷いましたが、最初の事も書いてきたこのブログなので、書きます。

先日、流産してしまいましたT_T

私自身、今回を含めると2度、流産を経験することになったんですが、その中で気付くことがあったので、書いてみようと思いました。

流産の予感

今回、私の場合の診断は「稽留流産」でした。

胎嚢は見えたものの、その中にいつまで待っても、赤ちゃんが見えず、この診断となりました。

なんとなく気付いていた

思い返すと、1度目の流産の時も、今回も、妊娠判定の頃(5w)から、なんとなく「今回無理なのかも」っていう直感がありました。

 

赤ちゃんが教えてくれるメッセージ

どんな状態で宿った命でも、赤ちゃんは何かを伝えようとして、命がけで来てくれるんだという事を、この本で知りました。

 

胎内記憶の研究をしていらっしゃる、池川明先生の本、

「ママ、さよなら。ありがとう」

です。

タイトル見ただけで、涙が出てしまいそうなこの本ですが、赤ちゃんがくれるメッセージの事、実際の体験談など、書いてあり、なぜ、今回、私が流産したのか?という理由が、答えが、見つかったような気がしました。

生まれてくる赤ちゃん、生まれずお空にかえる赤ちゃん

赤ちゃんは自分で生まれるか、お空に帰るか、決めているそうです。

そして、お空に帰るとき、赤ちゃんは悲しい気持ちなのではなく、ニコニコして帰るんだそうです。

もっともハッピーなのは、命がけで使命を背負って来てくれた赤ちゃんからのメッセージを、ママがしっかりと受け取ったとき。

赤ちゃんは、満足してお空に帰るんだそうです。

 

今回の、赤ちゃんから私へのメッセージ

思い当たる点、あります。

なので、メッセージもしっかりと受け取りました。

実は、以前の流産の時と同じメッセージであったので、本当に赤ちゃんには申し訳ないと思いました。

メッセージは、「自分をもっと大切に」でした。

最近の私は、自分を後回しにして、体も心もさぞ、ストレスだらけだった事が当てはまりました。

なので、赤ちゃんの言う「自分をもっと大切に」は、ごもっともなメッセージでした。

 

こゆたんの様子

子供には赤ちゃんが見えるというのは、あちこちで言われていますね。

こゆたんはどんな感じだったかと言うと、

「赤ちゃん、居るかな?」

と聞くと、いつ聞いても

「赤ちゃん?いないよ!?」

と、断言されていました。いつ聞いても断言。

こゆたんにもわかっていたのかな?

 

子宮内清掃術

流産の診断後、自然に出てくるのを待つか、手術かとなりますが、私の産院はすぐに手術となりました。

手術時の事はまた今度。

ともかく、麻酔が効きすぎて大変でした。

 

次の目標!赤ちゃんを迎えるにあたって

宣言してしっかりと守りたいと思います。

  • 夜中の作業はしない
  • 規則正しい食事を心がける
  • 自己中になる

当たり前の事なんですが、なかなか守れないので。

当たり前の事なので、しっかりと守っていこうと思います。

 

 




-流産の事

Copyright© わく育☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.