生後5ヶ月

どうしたらサッカー選手になれるか聞いてみた

今日は児童館で行われた
ベビーケア
という講座に出てみました。
たった1時間なのに、内容が濃すぎて濃すぎて、コーヒーで言ったらエスプレッソです。(あ、面白くなかった??)
さてさて、持ち物がバスタオル2枚なので、何をするかドキドキ。
講師の先生は、助産師であり、整体も勉強し、マタニティヨガインストラクターや、ベビーマッサージなども出来、多方面の知識を兼ねそろえた先生。
早口ですが、内容は本当に目からウロコ状態で、飛ぶように過ぎる時間の中、ふむふむと聞いているうちにあっという間に過ぎて行きました。
最初の自己紹介&聞きたいことで、

「足腰が強そうだが、サッカー選手になれるか?」

を聞いてみました。
そしたら
「スポーツ選手もみんなそうですが、体形がキレイなシンメトリー(左右対照)なんです。
なので、左右平等に運動させてあげてください」

との事でした。
例えば、寝返りを片側しか出来てない子は、よーく観察すると、指しゃぶりが片方ばかりだったりするそうです。
なので、逆の寝返りもさせたい場合は、逆の指を突っ込む事。
カラダはちゃんとリンクしているそうです。
他には、まだ座る段階じゃない赤ちゃんを無理矢理座らせないこと。
やはり成長過程には段階があるので、現在寝返りを始めたこゆたん、その次は腹ばいから、這う事を覚え、四つんばい歩行を始め、そしてお座り、そして立って行きます。
バンボも辞めた方が良いそうです。(強制お座りなので)
背中前面で受けるお座りなら良いそうです。
(坐骨のみでしてしまうお座りはNG)
こゆたんは立たせると喜ぶので両脇を支えて立たせたりもしてましたがコレもNGでした。
先生は這うのがとっても重要と言っていました。
寝返りをまだしてない子はうつ伏せをたくさんさせてあげてください。
うつ伏せが得意な子は、寝返りも上手です。

他には、赤ちゃんが泣き止む抱き方や、赤ちゃんの体を整える運動を教えてもらいました。
が、とにかく早い~~!!!
短い時間の中で盛りだくさん過ぎて、、、
忘れちゃった!!
来月もあるようなので、また受けなおしたいと思います。
先生は本当にすごくって、赤ちゃんやママをみるだけで、どういう骨格か、どんなトラブルを抱えているかがわかっちゃうそうです。
向き癖のある赤ちゃんが居たんですが、その原因と見られる仙骨を、先生が数秒ケアすると、なんと原因だった仙骨が治っているそうな!!
うまく説明できませんでしたが、とにかくスゴイ先生でした。
↓オーボールではなく、グーパーで「つかむ」が出来るようにした方がいいそうです。
ベビーケア
うつ伏せの時は、目の前に興味を引くものを見せてあげると「前へ進みたい!」という気分になるそうです。
ベビーケア
まとまりなくすみません。
また来月、出席したらお伝えします☆




-生後5ヶ月

Copyright© わく育☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.